BACK TOP

                         これまでご出演いただいた皆さま 
                                            Guest


大崎 友美  Tomomi Ohsaki
ソプラノ

大原 陽羽  Akiha Ohhara
ソプラノ
木本 憲子  Noriko Kimoto
ソプラノ

大阪音楽大学首席卒業。卒業時に最優秀賞受賞。同音楽専攻科修了。これまでに神戸新人音楽賞コンクール優秀賞、エルピス声楽コンクール最高位を受賞。また朝日推薦演奏会、関西新人演奏会、よんよんコンサートなどに出演。オペラでは「カルメン」フラスキータ、「イル・トロヴァトーレ」イネス、「コジ ファン トゥッテ」フィオルディリージ、「ドン ジョヴァンニ」ドンナ エルヴィーラ、「魔笛」侍女Ⅰ、「フィガロの結婚」バルバリーナ役など数々のオペラに出演。関西歌劇団正団員。荒田祐子氏に師事
「第九」ファミリーコンサート2012に出演
  

岸和田市出身。中学時代に合唱に出会い、その後大阪府立岸和田高校在学中に声楽を志す。大阪芸術大学演奏学科声楽コース卒業。卒業時に卒業演奏会に出演、塚本英世賞受賞。現在大阪芸術大学大学院博士課程(前期)に在籍中。学内オペラ公演にて、「魔笛」クナーベⅢ、「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「フィガロの結婚」スザンナとして出演。これまでに声楽を北野知子、岩城拓也、福原寿美枝の各氏に師事。高校時代に和泉市の第九演奏会にて初めて第九の合唱を経験し、ソリストとしては今回が初舞台となる。  ※当ファミリーコンサート第1回・2回に合唱団員として参加

「第九」ファミリーコンサート2017に出演。

大阪音楽大学音楽学部声学科卒業。堺市新人音楽家
演奏会に出演。 卒業後オンガクグループ「びおーら」に
参加。 堺市民オペラ公演「魔笛」に出演するなど活発
な演奏活動を開始。 大学の同級生4人と「DerKlee」、
地元の音楽家とグループ「コンソナンス」を結成。
地域の産院・老人施設などを定期的に訪問し、ミニコンサ
ートを開いている。南海福祉専門学校講師。
「第九」ファミリーコンサート2009に出演。




斉戸 英美子  Emiko Saito
ソプラノ

髙木 有紀  Yuki Takagi
ソプラノ

中島 恵美   Emi Nakajima
ソプラノ

兵庫県西宮市出身。大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学卒業演奏会に出演、ならびに優秀賞を授賞。
第67回全日本学生音楽コンクール声楽部門・大学の部、全国大会第一位。第68回パナソニック杯毎日甲子園ボウル、第85回都市対抗野球大会で国歌独唱を務める。2013年度大阪音楽大学大学院給付奨学金を授与。2014年度ムジークアルプ夏期国際音楽アカデミー修了。
これまでにオペラ「フィガロの結婚」スザンナ、「魔笛」童子Ⅰ、「ホフマン物語」ジュリエッタ、「こうもり」アデーレ等で出演。現在、大阪音楽大学大学院オペラ研究室在籍、ペギー・ブーヴレ、田中由也の各氏に師事。
「第九」ファミリーコンサート2014に出演。



大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学卒業、同大学大学院修了。第
5回東京国際声楽コンクール全国大会入賞。渡仏し、トゥール地方音楽院に留学。『第九』『レクイエム』などにおいて、ソリストを務める。オペラでは、『愛の妙薬』『ヘンゼルとグレーテル』などに出演。これまでに、三樹秀美、恩知理加、常森寿子、谷村由美子、三井ツヤ子、小濱妙美の各氏に師事。大阪府立夕陽丘高等学校音楽科非常勤講師。
「第九」ファミリーコンサート2011・2013・2015・2016に出演

大阪芸術大学演奏学科卒業。 第7回飯塚新人
音楽コンクール入賞。 櫻井直樹氏に師事。
『こうもり』、『メーリーウィドウ』、『カルメン』、『魔笛』、
『フィガロの結婚』等のオペラに出演。
また関西の各オーケストラとの共演の他、ミュージカルや
「懐かしの歌謡曲」などジャンルを超えてコンサートに
取り入れて活動している。
交野市の子供ミュージカルや女声コーラスの他、兵庫県
ピッコロ劇団の歌唱指導を行なう。
宝塚音楽学校講師。 NHK文化センター西宮女声
コーラス講座講師を宮崎氏と共に務める。
二期会会員。
「第九」ファミリーコンサー2009に出演




中本 椋子   Ryoko Nakamoto
ソプラノ
橋川 泉   Izumi Hashikawa
ソプラノ


大阪音楽大学音楽学部専攻科声楽専攻修了。
2008年大阪音楽大学選抜学生オペラ「ドン・ジョバンニ」
Ⅰ幕ツェルリーナ役にて出演。2009年東京国際芸術協会
主宰オペラ「魔笛」パミーナ役でオペラデビュー。
2010年小澤征爾音楽塾オペラカバーキャストオーディション・
スザンナ役にて最終選考出場。
第15回高槻音楽コンクール第2位受賞。
2011年1月イタリア声楽コンコルソ本選ファイナル出演。
「第九」ファミリーコンサート2010に出演。


高校時代より合唱に親しみ、声楽の道に進む。
これまでにシューベルトミサ第2番、ハイドン小オルガンミサの
ソプラノソロやライネッケ「いばら姫」タイトルロールを歌う。
京都市立芸術大学4回生。
声楽を井塚有子、北村敏則の各氏に師事。

「第九」ファミリーコンサト2011に出演。 






藤浪 益子   Masuko Fujinami
メゾソプラノ

前田 菜穂  Naho Maeda
アルト


松尾 久美子  Kumiko Matsuo
メゾソプラノ


岸和田高校在学中から父親と共に堺フロイデ合唱団へ。
以来声楽を西本聡明氏に師事。大阪音楽大学声楽
専攻では田中勉・桶本栄の両氏に師事。
岸和田市役所に勤務の傍ら、和泉メサイア合唱団他で
音楽を楽しむ。
第5回「親と子の音楽会」、「第九」ファミリーコンサト2011に出演。





滋賀県出身。同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻声楽コース卒業。同大学、音楽学会≪頌啓会≫特別専修生修了。大学在学中、音楽学科オペラクラス公演『フィガロの結婚』でケルビーノを演じる。多くの演奏会に出演し、ベートーヴェン「第九」、モーツァルト「二短調ミサ」等のアルトソロを務める。これまでに福嶋あかね、井原秀人の各氏に師事。
「第九」ファミリーコンサト2012・2013・2014に連続出演。

大阪音楽大学音楽学部声学科卒業。
同大学専攻科声楽専攻修了。 
ウィーン国立音楽大学音楽セミナーマスタークラス・
ディプロマ取得。「第九」アルトソリストやオペラ
「フィガロの結婚」マルチェッリーナ役やケルビーノ役、
「カイロの鵞鳥」ラヴィーナ役で出演。 
藤島一子、川島登氏に師事。
関西歌曲研究会会員。 帝塚山高等学校講師

「第九」ファミリーコンサト2010に出演。




森 季子    Tokiko Mori
メゾソプラノ  アルト


山敷 恵   Megumi Yamasiki
メゾソプラノ 



京都市立芸術大学大学院修了。修了時大学院賞受賞。京都芸術祭において毎日新聞社賞、京都市長賞、亀岡市長賞受賞。青山音楽賞新人賞受賞。ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科に留学。宗教曲等では「ヨハネ受難曲」「戴冠ミサ」「第九」などのソリストを務める。オペラでは「フィガロの結婚」マルチェッリーナ/ケルビーノ/バルバリーナほか多数出演。びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。

「第九」ファミリーコンサト2015・2016に出演。
 




大阪教育大学特設音楽課程声楽専攻卒業。細川維氏・木本治子氏に師事。卒業後は大阪府立高校において音楽科教諭として計20年間勤める。堺市新人演奏会、堺市役所21コンサート、堺市民芸術祭カクテルコンサート、高石市音楽家クラブ主催クリスマスコンサート・チャリティコンサート、泉南市制45周年記念第九コンサート、いずみホールサマーミュージックフェスティバル2017などに出演。地域の公民館や高齢者福祉施設などでの童謡を中心としたボランティア演奏にも取り組む傍ら合唱や吹奏楽の指導も続けている。
「第九」ファミリーコンサト2017に出演。






秋本 靖仁  Yasuhito Akimoto
テノール

天川 雅俊  Masatoshi Amakawa
テノール  

伊原木 幸馬  Yukima Ibaragi
テノール

大阪芸術大学音楽学科卒業。同大学院修士課程修了。大阪国際音楽コンクール入選。01年イタリアにてG.ライモンディのもとで研鑽を積む。13年イシハラホールにてジョイントリサイタルを開催。 オペラでは「ファルスタッフ」でデビューし、「第九」「メサイア」「カルミナブラーナ」など宗教曲や合唱曲のソリストや合唱指揮者としても活動を行っている。現在、ハーモニーいたみ、グループまほろば、大阪新音フロイデ合唱団、合唱団「鶴」指導、指揮者。神戸市混声合唱団団員、関西二期会準会員、日本演奏連盟会員、大阪芸術大学非常勤講師。

  「第九」ファミリーコンサート2009・2011・2017に出演。

神戸大学経済学部卒業。指揮法を斉田好男氏に、声楽を清水徹太郎氏に師事。大学在学中には神戸大学混声合唱団アポロン学生指揮者、大阪府立三国丘高等学校音楽部指揮者を歴任。現在は会社勤務の傍ら、合唱団かえで主宰・団内指揮者、男声合唱団銀河常任指揮者、兵庫県合唱連盟団体理事を務める。委嘱初演指揮作品に北川昇「無伴奏男声合唱のための シャガールと木の葉」、石若雅弥「君死にたまふことなかれ」(男声合唱版)がある。客演としての招聘も含め、ミサ曲等でのテノール独唱の機会も多い。
「第九」ファミリーコンサート2012に出演

大阪教育大学芸術専攻音楽コース卒業。同大学大学院音楽教育専攻声楽専修在籍。第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位入賞(1位なし)。奨学金を得てウィーン国立音楽大学マスタークラスへ留学。ウィーンにてProf.ディヒラーコンクール総合第2位入賞(声楽1位)。第15回大阪国際音楽コンクールファイナル第3位入賞(1位なし)など多数入賞。Ensemble Daffodil団員。アンサンブルつるみ合唱団ヴォイストレーナー。大阪府立高校、和歌山信愛女子短期大学保育科、各非常勤講師。
「第九」ファミリーコンサート2015に出演




谷 浩一郎   Koichiro Tani
テノール

谷村 悟史    Satoshi Tanimura
テノール

福井 雅志    Masashi Fukui
テノール

大阪音楽大学大学院オペラ研究所修了。ドイツ州立マンハイム音楽大学修了。在学時、マンハイム国立歌劇場“ナクソス島のアリアドネ”でソリストとして出演。またバッハのカンタータや、クリスマスオラトリオの福音史家などのソリストを多数歌い、好評を得る。
大阪音楽大学演奏員、関西歌劇団正団員、ドイツワーグナー奨学財団奨学生。

「第九」ファミリーコンサト2010・2013に出演。


大阪芸術大学演奏学科声楽コース卒業。
オペラでは「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド、「魔笛」モノスタトス、「フィガロの結婚」バジリオ「カルメン」レメンダード等様々な役で出演。その他宗教曲の声楽作品においてもソリスト、アンサンブル等で出演多数。これまでに岩城拓也、菊岡万里子、井澤章典各氏に師事。上方オペラ工房メンバー。

「第九」ファミリーコンサト2016に出演。

大阪芸術大学卒業。同大学大学院修士課程修了。
第7回日本演奏家コンクール大学の部第2位。
第60回全日本学生音楽コンクール大学・一般の部
大阪大会第2位全国大会入選。第12回日本演奏家
コンクール一般Aの部第3位。
第48回なにわ芸術祭新人賞受賞。三原剛氏に師事。
大阪府立西成高等学校非常勤講師。
「第九」ファミリーコンサト2011に出演



前田 満    Mitsuru Maeda
テノール




大阪音楽大学音楽学部声楽専攻科修了。高校3年生の夏から田中由也氏の下で声楽を学ぶ。第1回コンチェルトオペラ「椿姫」アルフレード役にて関西歌劇団ソリストデビュー。第3回東京国際声楽コンクール大学の部2位、第12回ブルクハルト国際音楽コンクール声楽部門1位、全日本学生音楽コンクール大阪大会2位、第82回読売新人演奏会出演。関西歌劇団正団員。
「第九」ファミリーコンサト2014に出演。











上羽 良太  Ryota Ueba
バリトン

漆山 大吉  Daikichi Urushiyama
バス・バリトン

奥村 哲  Satoru Okumura
バリトン
 

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同音楽専攻科修了。関西二期会オペラスタジオ42期修了。「フィガロの結婚」伯爵、「コジファントゥッテ」ドンアルフォンソ、「ドンジョヴァンニ」レポレッロ、「トスカ」シャルローネ、「ドンカルロ」修道士等で出演。2012年、13年泉南市にて「第九」ソリストを務める。ドイツレーゲンスブルクにてヴェルディ「レクイエム」の合唱で参加する。関西二期会準会員。関西歌曲研究会会員。
「第九」ファミリーコンサート2014に出演。
 

大阪芸術大学演奏学科卒業。同大学博士前期課程終了時に選抜演奏会に出演。その後、博士後期課程に学ぶ。これまでに「フィガロの結婚」フィガロ 伯爵、「魔笛」僧侶 武士、「カルメン」スニガ役等で出演多数。歌唱だけでなく、その演技力にも定評がある。オペラ以外にもソリストとして宗教曲、合唱曲、ミュージカルに出演。「奈良100年会館主催ガラコンサート」において関西フィルと共演。2010年度日本演奏家コンクール特別賞受賞。三原剛氏に師事。
「第九」ファミリーコンサート2012に出演。


大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コースを経て、大阪音楽大学大学院オペラ研究所修了。同大学卒業時に卒業演奏会に出演。奨学金を得てウィーン国立音楽大学のマスタークラスに参加、ディプロマを取得。オペラでは、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・ジョヴァンニ、「フィガロの結婚」フィガロ、「魔笛」パパゲーノ、「ドン・パスクワーレ」マラテスタ、「電話」ベン等の役で出演。また、ベートーヴェン「第九」、フォーレ「レクイエム」等のソリストも務める。これまでに川下登、淵脇和範の各氏に師事。現在、大阪音楽大学演奏員。
「第九」ファミリーコンサート2013・2015・2017に出演。





谷 幹夫   Mikio Tani
バリトン

西尾 岳史   Takeshi Nishio
バリトン
晴 雅彦  Masahiko Hare 
 
バリトン

大阪混声合唱団の常任指揮者。和泉市混声合唱団・
混声合唱団東大阪・女声コーラスわかくさ等数多くの
合唱団で指揮者を務める。関西合唱コンクールで金銀銅
各賞を多数受賞。各団の定期演奏会への意欲的な
取り組みに合唱指揮者として評価が高い。 また’01年
エカテリーナ宮廷室内管・大阪混声合唱団公演や’03年
和泉市「弥生の風ホール」杮落し公演の指揮も好評を
博した。宗教曲から歌謡曲に至るまで幅広いジャンルを
誇る指揮者である。またバリトン歌手としてミサ曲、第九、
メサイアからミュージカルまでソリストとして活躍。
第3回ベストプレーヤーズコンテスト声楽部門入賞。
和泉市文化功労章受章。声楽を林誠氏に師事。

「第九」ファミリーコンサート2009に出演。

大阪音楽大学音楽科声楽専攻卒業
同大学専攻科修了。 イタリア・ミラノに留学。
オペラでは「フィガロの結婚」伯爵・フィガロ、「魔笛」
パパゲーノ、「ラ・ボエーム」マルチェッロ役など多数出演。
また宗教曲のソリストとしても活躍。  
新・波の会日本歌曲コンクール第2位受賞。
NHK名曲リサイタルに出演するなど活動は多彩である。


「第九」ファミリーコンサート2011に出演。

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。文化庁派遣芸術家在外研修員として独ベルリンに留学。独ケムニッツ市立歌劇場「魔笛」パパゲーノ役で欧州デビュー後、独ザクセン州立劇場、独ラインスベルク音楽祭、スウェーデン・ヴァドステーナ音楽祭等に出演。国内では、新国立劇場、日生劇場、兵庫県立芸術文化センター、びわ湖ホール、愛知県芸術劇場等、全国の主要な劇場で活躍。チョン・ミョンフン、ペーター・シュナイダー、ダン・エッティンガー、アントン・レック、ウルフ・シルマー、パスカル・ヴェロ、ミヒァエル・バルケ等、著名な指揮者とも共演。また、ロシア・レニングラード国立歌劇場管弦楽団をはじめ、数多くのオーケストラと共演。大阪府芸術劇場奨励新人賞、咲くやこの花賞、大阪文化祭賞奨励賞、兵庫県芸術奨励賞他を受賞。全日本学生音楽コンクール、東京国際声楽コンクール、大阪国際音楽コンクール各審査員。日本演奏連盟会員。大阪音楽大学教授。
「第九」ファミリーコンサート2016に出演。





井上 春緒  Haruo Inoue
クラリネット

ウラジミール・スミコフスキー
Vladimir   Smikovsky
ヴィオラ

栄嶋 道広  Michihiro Eijima

ヴァイオリン


神戸大学発達科学部卒業、フランス国立リール地方音楽院、及びルーべ音楽院にてクラリネット修士課程修了。ピカルディー国際コンクール第2位、レオポルト・ベラン国際コンクール(パリ)第2位。これまでにクラリネットを、藤井一男氏、村瀬司氏、クロード・フォーコンプレ氏に、室内楽を坂東肇氏、ジャン=ルイ・オレ氏、クリストフ・シモネ氏に師事。フランス各地で演奏活動を行うほか、ペロンシー市立音楽学校(フランス)にてクラリネット講師を務める。帰国後は関西を中心に、ソロ、アンサンブル、オーケストラ等で幅広く活動すると共に、後進の指導にもあたっている。

「第6回親と子の音楽会」,「第九」ファミリーコンサート2014・2017
に出演。


ロシア・ウファ国立芸術院卒業。ロシアでのモスクワ室内管弦楽団「アルコ」等のオーケストラ活動を経て、現在、大阪交響楽団所属。オーケストラ、ソロ等の演奏活動のほか、奈良女子大学管弦楽団他、後進の指導にも積極的に取り組んでいる
「第九」ファミリーコンサート2016に出演。

大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業。同大学院芸術文化修士課程修了。フランスのトゥール国立音楽院を首席で卒業。現在、国内外にてソロ・室内楽・オーケストラ奏者として活躍中。朝枝信彦室内管弦楽団のメンバー。
「第九」ファミリーコンサート2016に出演。




エンキ        Enki Pipa
中国琵琶

大町 剛  Takeshi Ohmachi  
チェロ

河端  綾  Aya Kawabata
ヴァイオリン

中国大連市生まれ。7歳から琵琶を始める。12歳の時ジュニア民族楽器コンクールで優勝。国立沈陽音楽大学在学中に民族楽器琵琶コンクールで優勝。卒業後、遼省歌舞で琵琶ソリストとして活躍。中国音楽家協会会員。来日後、大阪教育大学大学院修士課程修了。全国各地で、エンキ中国琵琶コンサートとして演奏活動を行うほか、三宅一生のファッション ショー(東京とパリ)、中国のコマーシャルにも出演。大阪フィル、関西フィル、金沢アンサンブルとの共演。第五回大阪国際室内楽フェスタ銀賞を受賞。読売新聞社主催正倉院フォーラム(東京、大阪)で演奏、中国大連で開催されたダボス会議でも演奏する。CDアルバム7枚リリース。
第九」ファミリーコンサート・2017に出演。

京都市立芸術大学音楽学部卒業。1992年関西フィルハーモニー管弦楽団に入団。1993年日本で初のラテンオーケストラ「Ohashi Grand Orchestra」のメンバーとなる。2001年津軽三味線&ピアノ奏者の久保比呂誌らとユニット「サイレンス・イマージュ」を結成。2007年ピアニスト宮崎剛とユニット「ダブルたけし」を、森川たけしとユニット「アコースティック・フェローズ」を結成。2009年アルバム「ソラデル」を発売。現在、オーケストラ活動の他にスタジオレコーディング、アレンジ、作曲、プロデュースなど幅広く活躍中。
「第九」ファミリーコンサート2009・2010・2015・2016に出演。


大阪府出身。 4歳からヴァイオリンを始める。2006年岸和田高校卒業後、ヨーロッパに留学し、ベルギーのブリュッセル音楽院に入学、 2009年に学部、2012年に同大学院修士課程を優秀な成績で修了。 在ベルギー中はベルギー国内で各種コンサートに出演し、またヨーロッパ各地のマスタークラスで、フィリップ・グラファン、ミヒャエル・ヘンツ各氏のレッスンを受講。 2012年に帰国後、岸和田城音楽祭にて宮崎剛氏とのデュオリサイタルを行った他、ゆず子フレンズオーケストラに参加するなど、各地で演奏活動を続けている。 これまでにヴァイオリンを堀米ゆず子、大谷玲子、山名公子の各氏、室内楽をエリック・ルブレヒト、トーマス・ディルチェンズの各氏に師事。
2013年「第7回親と子の音楽会」に出演





木山 亮子  Ryouko Kiyama
クラリネット

滝本 恵利  Eri Takimoto
コントラバス

田所 千恵  Chie Tadokoro
ピアノ

大阪音楽大学短期大学部音楽専攻卒業。大阪音楽
大学音楽学部器楽専攻卒業。   2010年に大阪フィルハーモニーのメンバーとウェーバー「クラリネット五重奏曲」
を共演。 2011年中海テレビにヴァンベールのメンバーと
して出演。ソロ、室内楽、吹奏楽、オーケストラ等、多数
のコンサートに出演。 本田耕一、長門由華、藤井由香
の各氏に師事。 Gratia Music School講師。
「第九」ファミリーコンサート2010に出演。

国立音楽大学卒業。卒業後、同大学の嘱託演奏員を務めながら'95年・’96年カナダのヴィクトリアにてGary Karr氏のサマーセミナーに参加。'02年ドイツのライプツィヒ・バッハフェスティバルに参加。 ’09年にタンゴ界デビュー。以来タンゴベースとして必要な熱さと冷静さの絶妙なバランス感覚で、「男前な演奏」が評価を得ている。現在、オーケストラ・室内楽・コントラバスアンサンブルなどで活動中。タンゴアンサンブル「アストロリコ」メンバー。
「第8回親と子の音楽会」に出演。
「第九」ファミリーコンサート2016に出演。

大阪音大卒業後、堺新人音楽家演奏会に出演など、
積極的な活動を続ける。最近では室内楽ピアノアンサン
ブルにも力を注ぎ、数多くの本番を予定している。
また、泉南市女声合唱団、鳳高OBクワイアー、いずみ
メールクワイアーのピアニストとして多くの演奏会で好評を
博している。その確かなサポートで各団団員の信頼も
厚い。
「第九」ファミリーコンサート2010・2011・2013
「親と子の音楽会」に出演。




田所 千佳   Chika Tadokoro
ピアノ
 

中路 友恵  Tomoe Nakaji
マリンバ・パーカッション

土方 雅子   Masako Hijikata
マリンバ

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。在学中、特殊研究クラスに在籍。卒業時に優秀賞受賞。万里の長城杯国際音楽コンクール、和歌山音楽コンクール、第1位獲得。2014年日本ショパン協会推薦コンサートに出演。これまでに、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団、エウフォニカ管弦楽団と共演。現在、ソロ活動のほか、合唱団のピアニストやアンサンブルピアニストとしても活躍。

「第九」ファミリーコンサート2010・2011・2014に出演。

同志社女子大学学芸学部音楽学科打楽器専攻卒業。
第13回京都芸術祭新人賞受賞。
第3回KOBE国際学生音楽コンクール特別賞受賞。
その他、平和堂財団新進芸術家奨励賞など国内で
数々の賞を受賞。

現在、フリーのマリンバ・打楽器奏者として、ソロ活動の他、
アンサンブルやオーケストラ等幅広く活動し、後進の指導
にもあたっている。
滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師。

第4回「親と子の音楽会」に出演。


同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻打楽器コース卒業。同大学音楽学会《頌啓会》特別専修課程修了。関西打楽器協会主催第21回関西打楽器新人演奏会にてパール賞受賞。マリンバアンサンブル'MAR'メンバー。現在、大阪府立河南高等学校、和泉総合高等学校音楽非常勤講師。ヤマハ音楽教室サウンドウィズ高田(奈良・大和高田市)マリンバ講師。

「第九」ファミリーコンサト2013に出演。 




藤原 京   Miyabi Fujiwara
オーボエ

藤田 素子   Motoko Fujita
ヴァイオリン
松本静香   Shizuka Matsumoto
ファゴット

大阪音楽大学器楽学科音楽学部卒業後、ドイツ州立カールスルーエ音楽大学大学院修士課程を修了。同大学コンタクトコース履修。ソリストとしてブルッフザールバロックアンサンブルと共演。オーボエを宮本克江、高山郁子、ハメス・ゴンザレス、トーマス・インデアミューレ、イングリッシュホルンをマリー=リーゼ・シュプバッハ、アネッテ・シュッツの各氏に、室内楽を本田耕一、宮本謙二、エドゥアード・ブルンナーの各氏に師事。現在、演奏会活動をする他、後進の指導にあたっている。
「第九」ファミリーコンサト2014に出演。

滋賀県立石山高校音楽科を経て大阪音楽大学
音楽学部卒業。 在学中仏トゥルーズ室内管弦楽団
とのジョイントコンサートに参加し2ndトップを務める。
卒業後堺市新人演奏会に出演。大阪交響楽団の
スミコフスキー氏とのデュオコンサートを2度開催。ビーム・ムジカ・アンサンブルのコンサートミストレス兼トレーナー。
後進の指導の傍ら奈良フィル等で演奏活動中。
日本弦楽指導者協会正会員。ヤマハPMS講師。

第九」ファミリーコンサト2010に出演。

2011年3月大阪音楽大学卒業。   在学中、大学主催演奏会に多数出演。元デトモルト音楽大学教授ヘルマン・ユンク氏のマスタークラス受講。  2011年7月、台湾にて行われた世界吹奏楽大会WASBEに大阪音楽大学吹奏楽団メンバーとして出演。同年9月、守山俊吾氏の指揮で千里フィルハーモニア・大阪と共演。これまでにファゴットを日名弘見氏に師事。 現在、関西圏を拠点にフリーランス奏者として活躍する傍ら、中学生や高校生の音楽指導にも力を注いでいる。 第九」ファミリーコンサト2015に出演。



  溝渕そよか     Soyoka Mizobuchi
ヴァイオリン


村上 奈美  Nami Murakami
フルート

京都市立芸術大学、ドイツ国立マンハイム音楽大学卒業。ドイツ ハイデルベルク市立歌劇場オーケストラにて研鑽を積む。現在、関西を中心に演奏活動の他、大阪音楽大学付属音楽院講師など後進の指導にもあたっている。
「第九」ファミリーコンサート2016に出演。

滋賀県立石山高校音楽科を経て京都市立芸術大学
音楽学部卒業。 卒業時に音楽武将を受賞。
第10回平和堂財団新進芸術家奨励賞受賞。
ソロや室内楽、オーケストラでの活動の他、韓国ソウル市
にてアジア現代音楽祭出演など、現代音楽の
新曲発表にも積極的に携わっている。
これまでに松山克子、白石孝子、伊藤公一、
大嶋義実の各氏に師事。 
テレバー・ワイ、アンドラーシュ・アドリアン各氏のマスタークラス終了。

「第九」ファミリーコンサト2010・2014に出演。




大阪府立岸和田高等学校 合唱部

現在、部員は20名。昨年のほぼ二倍の人数で活動している。文化祭や学校説明会といった学校内でのステージに加え、コンクールや学外での様々な公演にも積極的に参加している。2017年度のNHK全国学校音楽コンクール大阪府コンクールでは金賞を受賞し、近畿ブロックコンクールに出場した。 これからはさらに仲間を増やし、より幅広い音楽を表現できること、そして客席の方々に楽しんで聞いていただけるような演奏ができることを目指していきたい。




                                                                           BACK TOP